子連れディズニーの持ち物リスト!あって良かった便利アイテムとは?

スポンサーリンク
子連れディズニー

子連れでディズニーに行くのに何が必要?

子どもと一緒に一度は行ってみたい、夢の国、ディズニーランド

特に3歳まではパスポートが無料なので、せっかく行くなら4歳になる前に、

行っておきたいところですよね?

ただ、小さい子を連れていくには色々と荷物が大変そう・・

「お出かけに何が必要なんだっけ・・?」

「子連れディズニーには何があれば便利なの・・?」

今回は、そんな悩みを解決すべく、

子連れディズニーに必須のアイテムや、あると便利なアイテムを紹介します!

筆者は3歳と0歳の子どもを連れてのディズニー旅行だったため、

0歳~3、4歳ぐらいのお子さんがいる方の参考になれば幸いです!

子連れディズニーの持ち物リスト【感染予防対策】

このご時世だからこそ、消毒系のアイテムは忘れずに!

当面の間、夢の国でも感染対策グッズは必須です。

特に注意しておきたいのはマスク。

大人だと必須、子どもの場合、3歳以上だとゲートでマスクの確認が入る可能性もあります。

3歳以上でも、マスクをつけられないお子さんもいらっしゃいますよね?

その場合でもご安心ください。

うちの子は感覚過敏でマスクをつけれなかったのですが、説明すれば入園できました。

ただ、マスクをつけれた方が余分な心配もないと思うので、

できれば事前に練習しておくことをオススメします。

  • 除菌シート
  • マスク
  • 携帯用アルコールジェル

子連れディズニーの持ち物リスト【必須】

子どもの年齢に関係なく必要な物だよ!

特にモバイルバッテリーは必須だと思います。

ここ最近のディズニーはアプリを駆使することで、快適に楽しむことが出来ます。

アプリを頻繁に見たり、写真を撮ったりとスマホはフル活用になるはずなので、

充電切れは避けておきたいところです。

  • スマホ
  • モバイルバッテリー ★
  • カメラ、ビデオカメラ
  • 薄手の上着 ★
  • レジャーシート(パレード鑑賞用) ★
  • タオル(人数分) ★
  • 救急セット(絆創膏や頭痛薬など)★
  • 帽子
  • 日焼け止め

※★マークの物はパーク内でレンタルor購入も可能です!

子連れディズニーの持ち物リスト【赤ちゃん・幼児用】

小さい子だと特にこの辺が必要かな!

おむつやベビーフードはパークで購入することも可能です。

おむつを余分に持って行くのも良いですが、どうしても嵩張ってしまいますよね・・

現地購入も検討しつつ、無理ない量を持参することをオススメします。

  • おむつ ★
  • おしり拭き ★
  • ミルク ★
  • 哺乳瓶 ★
  • 着替え
  • ベビーフード ★
  • 食べ慣れたおやつ 

※★マークの物はパーク内でレンタルor購入も可能です!

待ち時間や移動に便利だった持ち物

実際に持っていって良かった物を紹介するよ!

ミルク缶とアタッチメント

お出かけに便利なミルク缶ですが、アタッチメントもあるとかなり使えます。

これがあれば、哺乳瓶なしでもミルクを飲ませる事が出来ます!

ミルク缶にアタッチメントをセットし、哺乳瓶の乳首部分をアタッチメントに装着!

アタッチメント単品では中々売ってないですが、ミルク缶の6缶セットに付属されております。

赤ちゃんとディズニーへ行く際にはあるとかなり助かるアイテムですよ!

ヒップシート

ディズニーランドでは、待ち時間はどうあがいても発生します。

ベビーカーはアトラクション近くのベビーカー置き場に置いて行くことになります。

なので、子どもを抱っこしてアトラクションを待つ必要があるのですが、

長時間の抱っこは正直大変です・・

ヒップシートがあると、待ち時間でも身体に負担をかけることなく、

抱っこできるのでオススメです。

抱っこ紐よりも着脱や赤ちゃんの乗り降りも簡単で、自撮りもしやすいですよ。

この写真は美女と野獣のアトラクションを待っている時のものです。

下の子はヒップシートに乗ってます。

こちらのヒップシートだと、肩ベルト付きでおんぶも対応可能です!

また、ヒップシートに収納もついているのでとても便利ですよー。(肩ベルトも収納可能です!)

ベビーカーバッグ

子連れディズニーを楽しむ上で、収納力の強化をとても重要なミッションです。

収納力を格段に強化してくれるのがベビーカーバッグになります。

ちなみに、写真は我が家のベビーカーですが、貸出用のベビーカーにも使えるので、

ベビーカーバッグはオススメです。

写真の物だと、ドリンクホルダーが2本あるので、パパママ両方の飲み物を入れられますし、

見ずらいですが、ネットにおむつポーチも入れております。

共用で利用したいものはベビーカーバッグに入れておくことで、

臨機応変に対応することも可能です。

また、どうしてもパークで過ごす中で、おもちゃやお土産を買い足していくと思います。

そんな時のために荷物を入れるスペースを確保しておくと、後々便利ですよ。

我が家では使い終わったポップコーンバケットを入れたりしてました・・・!

子連れディズニーランドで活用したい施設

ベビーセンター

ベビーセンターにはおむつ替えや、授乳室、ミルクや離乳食をあげる部屋があります。

また、ベビー用品はこちらで購入することも可能です。

もし雨が降ってきた場合でも、ベビーカー用のレインカバーも売っています。

ベビーセンターの施設抜粋です。

■水道水を一度沸騰させた70度以上のお湯

ベビーセンターでは水道水を一度沸騰させた70度以上のお湯を提供しています。調乳の際に水道水以外のお湯が必要な方はお持ちください。

■電子レンジ

電子レンジもご用意していますので、水と電子レンジ対応可能な容器をお持ちいただければ、電子レンジで温めることもできます。

公式HP ベビーセンター

予約可能なレストラン

ここで押さえておきたいのはディズニーにあるレストランの中には予約可能なお店もいくつかあります。

子どもを連れて空きを探すのは結構たいへんなので、

アプリのレストラン予約を是非活用してみてください!

何と、アプリでは、事前予約も可能です。

運が良ければ当日予約でも空いていることがありますよ!

事前準備快適なディズニーステイを!

今回は3歳児や0歳児と一緒にディズニーへ行く方向けに、必要な持ち物と、

あると便利な持ち物を紹介させていただきました!

実際、パークで子連れゲストの方を見ると、ヒップシートを使っている人が増えてきたり、

ミルク缶を活用している方も多くなってきている印象です。

沢山便利なアイテムがありますので、是非参考にしていただき、

少しでも楽になって思う存分ディズニーを楽しんでいただければと思います!

トイ・ストーリーホテルに子連れで宿泊しました!

その時の体験記や楽しみ方もまとめております!

1分で応募完了!無料でスタイや歯固めなどプレゼント!


コメント

タイトルとURLをコピーしました